淫習の村 籠目の儀式 無料立ち読み

オトナ漫画NAVI

オトナ漫画NAVI » まんが王国 » 淫習の村~籠目の儀式~【無料立ち読み】

淫習の村~籠目の儀式~【無料立ち読み】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

淫習の村~籠目の儀式~

淫習の村~籠目の儀式~
塩子(著)
8話まで公開中

 
淫習の村~籠目の儀式~は、まんが王国で無料立ち読みできます。
 
⇒ 淫習の村~籠目の儀式~を無料立ち読みする
 

淫習の村~籠目の儀式~のあらすじ

友達(里香)の傷心旅行に付き合って、秘湯の温泉宿を目当てに山奥まで来た陽菜。
 
だけどどこまで行っても温泉など見つからない・・・。
 
そのうち足を滑らせ、崖から落ちてしまった陽菜は、見覚えのないうす暗い部屋で目を覚ます。
 
手足は拘束され身動きがとれず、どこからともなくかごめの笛の音が聞こえ、気味が悪い・・・。
 
やっと暗闇に目が慣れてきたかと思えば、目の前には般若の面を被った白装束の人達が、歌に合わせて陽菜の周りを回っていた。
 
陽菜がいるのは山奥の地図にも載らないほどの小さな集落。
 
その集落には古くからのしきたりで男しか住んでいない。
 
そしてその男達は、村の外から来る女性と儀式と称された性交をしなければ成人とみなされず、村の外に出られないのだという。
 
陽菜はその儀式の標的となったのだ。
 
かごめの歌が終わると「禊」が始まった。
 
あっという間に服を脱がされ、押さえつけられ、わけがわからず「痛い、やめて!」と嫌がる陽菜をよそに、不気味な仏像に挿入される。
 
処女を喪失した陽菜・・・。
 
それを皮切りに次から次へと違う男に犯される。
 
終いには気を失ってしまい・・・。
 
目が覚めると丁寧に布団に寝かされていて、隣には里香が。
 
無事だったのかと声をかけようとした時、さっきの鬼の面を被った男が部屋に入ってきた!
 
思わず後ずさるが「今日はもう何もしない」という。
 
その男の話によると、どうやら陽菜は里香の罠にハメられてこの村に連れてこられたらしい。
 
傷心旅行というのはウソだった。
 
その上この村の掟で、外から来た女は、村にその身を捧げるか、代わりの女を連れてこないことには解放されないのだという。
 
帰るという選択肢を奪われ、絶望する中、儀式は毎日毎日繰り返される。
 
そのうち儀式の中で、お手玉やけん玉を使った訳のわからない遊びで里香と競争までさせられ、負けた方だけが儀式を受けるというゲームまで。。。
 
それが繰り返されると、初めは勝つと嬉しかったはずのゲームも、次第に物足りなくなってきて・・・。
 

淫習の村~籠目の儀式~の登場人物

高瀬陽菜
主人公。処女。里香の傷心旅行と称された罠にハマって人生が狂う。
 
川村里香
陽菜の友達。1年前に村を訪れた際に儀式のターゲットとされるが、代わりの女を連れてくる約束で一時的に解放された。その代わりの女(陽菜)を連れて再び村へ。
 
鬼の面を被った男達
儀式だと言いながら、繰り返し陽菜と里香を犯す。なんのためか、鬼の面を取ることはない。
 

淫習の村~籠目の儀式~の感想

中盤辺りから陽菜と里香の区別がつかなくなってきたのは私だけ?w
 
最初は服とか髪の長さで見分けてたけど、脱がれて寝転ばれたら、もうどっちがどっちかわからない!!
 
体型だって似たり寄ったりだし。
 
それにしても、こ、怖い・・・・・( ̄□ ̄;)
 
作られた話だとわかっていても、もしかしたら本当にこんな村あるんじゃないかって思ってしまいました。
 
なんか儀式を行う理由とか、鬼の面とか村のイラストとかが、妙にリアルで底知れぬ怖さがあるんですよね。
 
最初は、常にどっかに縛られてるわけじゃないんだから、男達の目を盗んで逃げればいいのに!で村の外の誰かに助けてもらったらいいのに!って思ってたけど・・・
 
そんなに甘くはなかった。。。
 
助けてくれると思った村人も結局鬼だし。。。
 
陽菜と里香かわいそうに(´Д⊂)
 
彼女達は一生あの村から出られないんでしょうか?
 
里香とも別々になっちゃったけど、これからどうなるんでしょう・・・。
 
それにあの風車・・・あの風車の数だけの女性が犠牲になったってこと?
 
なんか、人としてどうかしてるんですけど・・・( ノД`)
 
あの村がいつまでも男ばっかりなのもわけがわからない。
 
陽菜達のように過去にも迷いこんできた女性がいたなら、その人達はどこに行った??
 
みんな逃げたのか・・・。
 
もうなんでもいいけどほんとに怖い。
 
夢に出てきそう(´Д`|||)
 
ミステリーとか怪談じゃないんだから、無駄に怖くしないで~。
 

淫習の村~籠目の儀式~
▼無料立ち読みはこちらをタップ▼

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー